遠距離恋愛 復縁 冷却期間

遠距離恋愛で別れてから復縁するまでの冷却期間とは?

スポンサーリンク

遠距離恋愛でお互いに疲れ切ってしまい、最後には別れてしまったというケースもあると思います。
本当はまだ大好きだったのに、物理的な距離のために別れることになってしまったのは非常に残念ですよね。
しかし、気持ちはまだ好きな状態なのであれば、あとで復縁できる可能性も残されています。
遠距離恋愛で別れてしまってから、復縁するまでにはどれほどの冷却期間が必要となってくるのでしょうか?

 

もしも、相手との関係が悪くなってしまって別れたということであれば、数か月から半年程度は冷却期間を置いたほうがよいでしょう。
しばらくして、例えば相手の誕生日などをきっかけにして軽く連絡を取るようにすれば、相手からも返事が返ってくる可能性は高いです。
あまりしつこく連絡してしまったり、別れた直後にすぐ連絡を取ろうとすると、かえって相手との距離が離れてしまうことがあります。

 

また、単純に遠距離だったことが問題で、関係が悪くなったわけではないのであれば、それほど長い冷却期間を置く必要もありません。

スポンサーリンク

できれば、同じ結果になってしまわないように、距離という問題を解決してから再度連絡したほうがうまくいく確率は高いですが、その問題をなかなか解消できないから分かれる結果になってしまったのですものね。

 

この場合も一応数か月程度は期間をおいてから連絡を取るとよいでしょう。
連絡する際は、例えば、旅行でたまたま相手の住んでいる地域まで来たから久しぶりにご飯でもどう?
などといったもので大丈夫だと思います。
ポイントは相手に重いと感じられないことです。

 

久しぶりに会って話をすれば、相手もまたあなたと一緒にいたいと考えてくれるかもしれません。
少しの間期間をおいて待っているときはつらいかもしれませんが、成功させるためにも慎重にじっくりとやっていきましょうね。

スポンサーリンク