遠距離恋愛 電話 面倒

遠距離恋愛での電話が面倒になってしまったときは?

スポンサーリンク

遠距離恋愛をしているときのメインの連絡手段といえば、電話ですよね。
メールやLineもいいですが、直接相手の声を聴ける電話はやっぱり一番の連絡手段になると思います。

 

しかし、遠距離恋愛が長くなって、だんだんと疲れがでてきてしまうと、その電話が負担になってしまうことがあります。
メールであれば何かをしながら行ったり、仕事や作業の合間に返事をすることもできるので負担が少ないのですが、電話はある程度拘束されてしまうために面倒だと感じてしまう人も少なくないようです。
だんだんと気持ちが薄れてきてしまって、電話をすることが面倒になってしまった時はどのようにしていけばいいのでしょうか?

 

こういうときは、まずは自分の気持ちを整理するところから始めましょう。
なぜ、電話が面倒だと感じてしまっているのでしょうか?

 

もしかすると、相手のいやなところが目について連絡するのがおっくうになってしまっているのかもしれません。
あるいは、単純に遠距離恋愛に疲れてしまっていることも考えられます。
この場合は、また相手のことを好きだという気持ちが残っているということになりますよね。

スポンサーリンク

これを踏まえたうえで、どうしていくかを考えるとよいでしょう。
どうしてもこれ以上相手のことを好きでい続けることができないのであれば、別れてしまうという選択肢もでてきますね。

 

また、ただ単に遠距離恋愛に疲れてしまっているのであれば、連絡の頻度を少しだけ下げるというのも効果的です。
毎日電話をしているような状況が続いているのであれば、それは負担になってしまっている可能性が高いです。
2〜3日に一回にするなど、少しペースを落とせば、負担も軽減されて関係を続けていくことができるでしょう。
ただし、状況に応じては、そのことを相手にも話しておきましょう。
いきなり連絡の頻度が落ちてしまうと、相手も不安に感じてしまいます。
仕事などが忙しくて、毎日連絡するとなると仕事にも支障が出るなどと話すようにしましょう。
それでも不安感を与えてしまう場合はありますが、別れてしまうことになるくらいなら正直に話していたほうがいい場合もあります。
状況に応じてきちんと話をしながら、いつまでも幸せにいられるように頑張りましょう!

スポンサーリンク