遠距離恋愛 寂しい 涙

遠距離恋愛で寂しいと涙を流すのは終わりにしましょう

スポンサーリンク

遠距離恋愛だと、なかなか会うことができないので、帰る時がとてもつらくて悲しいですよね。
帰りの駅のホームで、我慢していたのについつい涙を流してしまうということもあると思います。
やっぱり離れたくないという気持ちが素直に出てきている証拠なので、泣いてしまうことは仕方がないですよね。

 

でも、いつまでも泣いていても苦しいだけです。
これからは少しだけ考え方を変えて、もう涙を流さなくても大丈夫なようにしていきましょう。
いつまでもあなたが泣いていると、相手の方もつらくなってしまうかもしれませんしね。

 

まずは、その寂しい気持ちを利用して、次に会う時までのエネルギー源に変えてしまいましょう。

スポンサーリンク

今は帰ってしまって会えなくなってしまうけれど、寂しいからこそ次に会える時が楽しみに感じられるのではないでしょうか?
そうなれば、それまでに起こる仕事や勉強などの大変なことにも頑張って取り組もうと前向きな気持ちになれますよね。

 

次にいつ会えるのかわからなくて不安だという場合もあるかもしれません。
それでも、携帯などで連絡を取ることは可能ですよね。
電車などにのって帰り、うちについた後に、「ついたよー」と連絡するのもまた楽しみです。
そうやって、遠距離恋愛ならではの小さな楽しみを発見していくと、つらかった遠距離恋愛も、ちょっとずつ楽しいものに変わってくるかもしれません。

 

なによりも、帰り際に泣いているより、笑顔で別れたほうが、相手もまたあなたに会いたいと感じるはずです。
素敵な笑顔で、また次回会える時を楽しみに頑張りましょう。

スポンサーリンク